浮気調査・探偵情報の決定版!浮気調査・浮気相談・浮気調査料金でお悩みの方への総合案内

原一 無料相談はこちら
おすすめ探偵社(浮気調査) ひとりで悩まず無料相談を

浮気調査に関してもっとよく知りたいという方の為の専門サイトです。
浮気調査~全国浮気調査情報~

浮気調査情報TOP > スポンサー広告 > 性格の不一致が離婚原因No1浮気調査情報TOP > 相互リンク > 性格の不一致が離婚原因No1

■浮気調査の必要性

離婚を考えている方は浮気の証拠は必ず撮っておいた方がよいでしょう。離婚を考えていない方でも、
いつ浮気が本気になるかわかりません。妊娠問題、借金問題、浮気相手と失踪など、浮気問題は放っておくと、
様々な悪い方向へ進んでいく可能性があります。早期発見、早期解決する為にも浮気調査は必要であると考えます。
一人で悩まないで、浮気調査のプロにご相談する事も考えてみて下さい。

■浮気調査費用を抑える方法

あなたのパートナーに浮気の気配を感じたら・・・ 【相談日記】をつけましょう 。
浮気日記は、離婚調停や裁判へと進むとき、必ずあなたの強い武器になります。
【浮気日記とは?】
パートナーの日々の行動を記録しておくことで、パートナーのサイクルがわかるので浮気相手の推測ができます。
集まった情報が後々の調停、裁判、慰謝料請求に役立つことがあります。
浮気の情報が多ければ多いほど、効率的な浮気調査が行え、浮気調査費用を抑える方法と言えるでしょう。

■離婚申し立ての件数

2007年度、全国での離婚申し立て件数は65,265件で、そのうち異性問題(浮気)が原因としたものは15,486件となります。
これは、1日に約40件以上も異性問題(浮気)を原因として離婚の申し立てが出されていることになります。
(司法統計より)
女性からの離婚申し立て件数は 46,066 件
第1位 性格の不一致  45.6 %
第2位 暴力を振るう  29.1 %
第3位 異性問題(浮気) 26.2 %

男性からの離婚申し立て件数は 19,199 件
第1位 性格の不一致  62.2 %
第2位 異性問題(浮気) 17.8 %

上記の数値はあくまでも申し立て件数であり、中には異性問題(浮気)が原因であっても、
協議によって離婚が成立した場合や和解で済んだ場合、子供のためにと我慢している方など、
悩んでいる人の数は計り知れません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

性格の不一致が離婚原因No1

離婚原因第1位は、性格の不一致であり、カップルに関しても、性格の不一致(性格が合わない)による別れが最も多いとされています。
但し、このブログや、日刊ゲンダイの記事にも書いてきたとおり、性格の不一致は表向きの別れ(離婚)理由であり、裏では、別に好きな異性が出来てしまっているパターンが多く、最終的に、それが別れ(離婚)を決意したきっかけになっていることも多いと言えるでしょう。
また、「性格の不一致」という別れ文句は、非常に幅広い意味をもってますので、具体的に何がどう合わないのか、何がどう悪いのかを理解できないまま、別れることも多々あります。
性格の不一致とは、どのような状態から起きているのでしょうか?多い例としては、
○長く一緒に過ごすことで、相手の嫌な部分が目立つようになり、だんだん、その部分が我慢できなくなってきた
○できちゃった結婚だったので、相手のことを深く知らない内に、結婚してしまった
○恋愛感情がなくなることで、今まで我慢できていたことが、我慢できなくなってきた
○今の相手とは対照的な男性(女性)と出会い、その人に気持ちをひかれるに連れて、今の相手の嫌な部分が際立つようになってきた
○子供の教育方針、見たいテレビ、休日の過ごし方などなど、細かい部分~大きな部分まで、価値観の違いから、気持ちを共有できなくなってきた
○夫婦関係や、付き合っている人の愚痴を相談しているうちに、第三者からの影響もあり、自分のパートナーのことがわずらわしく思えてきた○お互いが不満をぶつけるようになり、顔を合わせると喧嘩になる日々が続いている○お互いを高める関係ではなく、お互い傷つけあう関係になってしまっている
などが挙げられます。
いずれも、短期間で性格の不一致を感じるわけではなく、日々の不満が募り、それが自身の中の許容量を超えた段階で、「この人とは、性格が合わない…」と思うようになり、次第に、別れたいと思うほどの強い感情に変わってきているという共通点があります。
人にはそれぞれ性格や個性というものがあり、自分のパートナーとして、合う、合わないは、必ずあります。
本来、合う、合わないの判断が、お付き合い当初から出来ていれば問題ないのですが、長く一緒にいることではじめて判断がつくことが多いですので、気付いたときには、交際期間が長くなっていたり、結婚していた、子供ができてしまっていたりするケースも多々見受けられます。
○性格の不一致を原因に別れたい(離婚したい)と思っている方
○性格の不一致を理由に別れ話を切り出されたが、どうしても別れたくない方
○性格の不一致で別れた(離婚した)ものの、もう一度復縁したい方
などは、一度探偵会社にご相談されるのも良いと思います。
スポンサーサイト
  1. 相互リンク
  2.  | トラックバック:0
 << 前のページ | ホーム | 次のページ >>

検索フォーム

カテゴリ

都道府県別 浮気調査のPOINT (47)
浮気調査 -よくある相談例- (105)
全国の探偵事務所・興信所 (70)
全国の弁護士会 (47)
全国の離婚件数 (48)
全国の家庭裁判所 (47)
全国の市役所 (47)
浮気(不倫)の傾向=血液型 (4)
浮気チェック (6)
離婚の基礎用語 (19)
浮気調査 -証拠- (6)
全国の法律扶助協会 (1)
浮気調査情報 (81)
【あ行】浮気・離婚 法律・用語辞典 (16)
【か行】浮気・離婚 法律・用語辞典 (57)
【さ行】浮気・離婚 法律・用語辞典 (66)
【た行】浮気・離婚 法律・用語辞典 (9)
離婚情報 (41)
探偵の調査情報 (359)
相互リンク (356)

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

お問い合わせ(相互リンク)

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。