浮気調査・探偵情報の決定版!浮気調査・浮気相談・浮気調査料金でお悩みの方への総合案内

原一 無料相談はこちら
おすすめ探偵社(浮気調査) ひとりで悩まず無料相談を

浮気調査に関してもっとよく知りたいという方の為の専門サイトです。
浮気調査~全国浮気調査情報~

浮気調査情報TOP > スポンサー広告 > 詐欺師チェック浮気調査情報TOP > 相互リンク > 詐欺師チェック

■浮気調査の必要性

離婚を考えている方は浮気の証拠は必ず撮っておいた方がよいでしょう。離婚を考えていない方でも、
いつ浮気が本気になるかわかりません。妊娠問題、借金問題、浮気相手と失踪など、浮気問題は放っておくと、
様々な悪い方向へ進んでいく可能性があります。早期発見、早期解決する為にも浮気調査は必要であると考えます。
一人で悩まないで、浮気調査のプロにご相談する事も考えてみて下さい。

■浮気調査費用を抑える方法

あなたのパートナーに浮気の気配を感じたら・・・ 【相談日記】をつけましょう 。
浮気日記は、離婚調停や裁判へと進むとき、必ずあなたの強い武器になります。
【浮気日記とは?】
パートナーの日々の行動を記録しておくことで、パートナーのサイクルがわかるので浮気相手の推測ができます。
集まった情報が後々の調停、裁判、慰謝料請求に役立つことがあります。
浮気の情報が多ければ多いほど、効率的な浮気調査が行え、浮気調査費用を抑える方法と言えるでしょう。

■離婚申し立ての件数

2007年度、全国での離婚申し立て件数は65,265件で、そのうち異性問題(浮気)が原因としたものは15,486件となります。
これは、1日に約40件以上も異性問題(浮気)を原因として離婚の申し立てが出されていることになります。
(司法統計より)
女性からの離婚申し立て件数は 46,066 件
第1位 性格の不一致  45.6 %
第2位 暴力を振るう  29.1 %
第3位 異性問題(浮気) 26.2 %

男性からの離婚申し立て件数は 19,199 件
第1位 性格の不一致  62.2 %
第2位 異性問題(浮気) 17.8 %

上記の数値はあくまでも申し立て件数であり、中には異性問題(浮気)が原因であっても、
協議によって離婚が成立した場合や和解で済んだ場合、子供のためにと我慢している方など、
悩んでいる人の数は計り知れません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

詐欺師チェック

あなたのすぐ近くにいる詐欺師

 詐欺は、どこにでも存在すると言えるほど、多発しています。

 詐欺師チェックは、各事項に理由をつけていますので、該当する項目と理由を総合的に考え、チェックしてみてください。該当数が多ければ、詐欺にあっている可能性があります。

1、相手の電話番号しか知らない。

 多くの詐欺師は身元を隠します。例えば、メールアドレスや携帯電話番号だけでの接触しかなく、お金を貸して欲しいなどという申し出があったら、どこの誰にお金を貸したのかわかりません。

 世の中には、飛ばし携帯や誰でも利用できるフリーメール、他人名義の口座売買などがあり得ることを認識しておく必要があります。

2、「あなただけに教えます。」と言われた。

 詐欺では、あたかも儲かりそうな話が前提となるケースが多くあります。

 例えば、「実は・・・」「あなただけ・・・」「今だけ・・・」というのは、古典的な手法で、過去電話による詐欺などであったように「当選しました!つきましては・・・」的な方法と類似しています。

 世の中には、おいしい話は勝手に転がってこないと認識しておく必要があります。

3、話が二転三転する。

 詐欺師は基本的にうそつきです。ですから、話が二転三転し、結局はお金を要求されたりします。

 「この間と言っている事が違うな」

 「また、金が掛かるのか!」

という場合は、詐欺の可能性が濃厚です。

4、やたらと身内に不幸がある。

 結婚詐欺や出会い系詐欺、寸借詐欺の多くは、急な入用でお金が必要になった。という理由でお金を貸し付けたケースが非常に多く発生しています。

 「身内が騙された」とか「身内が死んでしまった大きな遺産が入るのだが、相続税が払えない。」など、その理由は様々です。

5、○○さんも儲かった。

 詐欺は個人を単独で狙うものと、連鎖的に多数を狙うものがあります。

 例えば、あなたの友人が何かの投資で儲かったという話があったとしても、それは、連鎖的に多数を狙った詐欺かもしれません。

6、有名誌などに広告が出ているから安心?

 過去、近未来通信のIP電話ビジネスの広告は有名誌の広告としてよく見かけたものです。

 しかし、掲載されていたり、放映されていた有名媒体とは裏腹に、実際は詐欺でした。

 「有名人が関与している」「有名誌に掲載されている」としても、信用するには、まだ早いのです。

7、立派なビルに入っている。

 詐欺会社の多くは、立派なビルのテナントして入っている場合が多くあります。こうした場合、住所貸しの業者にバーチャルオフィスとして場所を借りていたりすることがほとんどです。

 また、オフィスの視察会があったりして、信用する場合もあるようですが、実は日雇いで人を借り、バーチャルオフィスの会議室を一時的にオフィスに見せかけていたケースもあるほどです。

 立派なビルに入っているからといって、信用してはいけないのです。

8、あれ?振込先が違う 。

 多くの詐欺では、銀行振込などで金銭のやりとりをします。

 その際に、会社に振り込むはずが、個人名だったり、違う会社名だったりするのです。

 こうしたケースでは詐欺師が身元を隠すためであったり、どこからか他人名義の口座を買ってきた可能性が濃厚です。

 もちろん、詐欺用に会社を設立する輩もいますから、たとえ振込先が一致していても注意が必要です。

9、信用できる人物。

 詐欺のポイントは、どんなに注意深い人でも引っかかる要素があるのです。

 詐欺被害に遭った人の理由の多くは、詐欺師が信用できる人物だと思えたからという理由です。

 ほとんどの詐欺師は信用できる人物を演出しようと多くの労力を注ぎます。

 簡単に言ってしまえば、信用できない人には、話にうまみがあっても、誰もお金を預けないからです。

 また、大企業の元役員だとか、何かの権威の先生を使うこともありますので、信用のさせ方は詐欺師によって様々です。

 何をもって信用するのか、論理的に再度考える必要があります。

10、今しかないチャンス 。

 これもあなただけとか今だけのケースに類似していますが、「今、投資しないと大きな損失です」とか、「儲かるのはあと二年だけです。」など、今、投資する事がチャンスだと思わせて、不利な投資をさせ、本当は投資も何もしていないのに大きな損失が出たなどと嘘の理由で逃げてしまうような詐欺が非常に多く、投資なので損をすることもあるという理由で説得させられたり、さらに良い出物があるなどの名目で次の被害に遭うケースもあります。

 確かに投資などはタイミングが重要ですが、できることなら、自分で把握できる範囲で投資行為をすることが重要です。

スポンサーサイト
  1. 相互リンク
  2.  | トラックバック:0
 << 前のページ | ホーム | 次のページ >>

検索フォーム

カテゴリ

都道府県別 浮気調査のPOINT (47)
浮気調査 -よくある相談例- (105)
全国の探偵事務所・興信所 (70)
全国の弁護士会 (47)
全国の離婚件数 (48)
全国の家庭裁判所 (47)
全国の市役所 (47)
浮気(不倫)の傾向=血液型 (4)
浮気チェック (6)
離婚の基礎用語 (19)
浮気調査 -証拠- (6)
全国の法律扶助協会 (1)
浮気調査情報 (81)
【あ行】浮気・離婚 法律・用語辞典 (16)
【か行】浮気・離婚 法律・用語辞典 (57)
【さ行】浮気・離婚 法律・用語辞典 (66)
【た行】浮気・離婚 法律・用語辞典 (9)
離婚情報 (41)
探偵の調査情報 (359)
相互リンク (356)

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

お問い合わせ(相互リンク)

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。